普通自動車運転免許取得には約30万円かかるってホント?

2019年01月09日


普通自動車運転免許を取得する際にはどれぐらいの費用が発生するのでしょうか。
想像するだけで、大きな金額となりますが、準備が出来ない場合、分割払いも可能な教習所もあります。
可能な限り、取得費用を捻出しておくことが大切となります。

取得費用は約30万円と考えた方が良い

普通自動車運転免許を取得するには、学費や発行手数料を含めた、まとまった大きなお金が必要です。
ただ、そのお金を用意することが不可能であったら、免許取得を諦めなければならないのでしょうか。
免許を取得する方法として、教習所に通う方法があります。
時間的余裕を見つけて、自宅から教習所に通い、数ヶ月を掛けて、免許を取得する方法です。
教習費以外に発生する費用は考えつきませんし、交通費も実費です。
どのくらいの費用が発生するのでしょうか。オートマ限定免許は、入学金と授業料を含め、約26~27万円という価格設定が多いようです。
マニュアル車と比較すると、教習時間が短くなる分、通常、1~2万円ほど安くなります。
マニュアル免許は、約28万円~29万円という価格設定が多いようです。
30万円を超える教習所もあります。
オートマ限定免許であれば、数万円ほど安くなる場合がありますが、おおむね、約30万円もの費用が発生すると考えても良いでしょう。
予想していた金額よりも高価であると思う方は多いと思われます。
通学教習には、これだけの費用が発生します。

最初に支払う金額はスムーズに終わると仮定された金額

教習所における基本料金以外に必要となる費用にはどのようなものがあるのでしょうか。
よく考慮してみると、最初に支払うお金は、全てがスムーズに終了すると仮定して、請求される金額です。
上達が見られず、補講を受講したり、試験に落ちてしまった場合には、その代金を支払わなければなりません。
必要とされる費用を列記してみます。
基本的な学習料金、仮免許学科試験料金、修了検定料金及び卒業検定料金、補習料金、自由練習料金、キャンセル料金、夜間料金などがあります。
これらは、教習所において、違ってきますので、確認が必要です。
仮運転免許や修了検定にはその都度、約5000円が費用として発生します。
補講も相場は同じようです。
一度ならまだ、余裕はありますが、これが何度も積み重なってくると、相当な負担となりますので、気を引き締めることが大切です。
その際には、自分を責めず、ミスしてしまったポイントを振り返る復習が大切です。

分割払いが可能な教習所もある

大学生や社会人になった方にとっては、運転免許取得に発生する30万円という大金を捻出することは大変なことです。
どうしても、一括で用意出来ないという方のために、分割払いが可能な場合もあります。
少しずつ、支払っていくことが可能であれば、無理が生じません。
運転免許専用のクレジットを利用すると、学生は支払いの開始日を遅らせることも可能です。
ローンは、借入履歴や収入などの審査が存在しますので、利用する場合は、早目に申込しましょう。ただ、ローンとなりますから、支払いの際には、金利がプラスされます。
最終的には、一括よりも数万円、高額となります。
そのことは留意いておいた方が良いでしょう。
運転免許は身分証明にもなりますし、取得期間においても、タイミングが合致しない場合があります。
早期に運転免許を取得しようと考えている方は、費用のことを考えておくと、後々、困ることはありません。
ローンにおいては、戸惑う部分が存在するのは事実ですから、可能な限り、運転免許取得費用を準備しておくことが大切となります。

まとめ

普通自動車運転免許を取得するには、約30万円の費用が発生すると考えておいた方が良いでしょう。
ただ、これは基本的な料金であり、補講や再受験をするときは別途、料金は発生します。教習所に通う際に確認することが大切となります。
©2018 みんなの自動車教習所