海外製:外国車メーカーのあれこれ!

2019年02月04日


外国車といえば、ドイツ

日本の自動車メーカーはたくさんありますが、外国車メーカーもたくさんあります。
世界に多くの国があるということは、それだけ多くの自動車メーカーがあるということでもあります。
それぞれ、国柄による特徴がありますが、どれも著名であり、名前だけは聞いたことがあると思います。 

やはり、車といえば、真っ先に思い浮かぶのは、ドイツであると思います。
ドイツで有名な自動車メーカーであれば、メルセデス.ベンツです。
著名な高級輸入車です。
今日では、セダンタイプだけではなく、様々なタイプの車種を取り扱うディーラーが増加しています。
そして、企業や法人から社用車として利用されていることが多いです。
これは、購入時における消費税を支払う必要性がなく、メンテナンスにおけるローコスト、売却価格が高いところに起因しています。

そして、BMWも挙げられます。
元来は、航空機エンジンメーカーでしたが、高級車としての知名度は、世界最大規模となっています。
アウディやメルセデス.ベンツよりも多くの車を販売しており、キャッチコピーは、駆け抜ける歓びです。
フォルクスワーゲンは、元来、ドイツの国策企業として、設立されています。
社名は、国民車という意味で、70年越しのロングセラーとなっているビートルは現在でも人気であります。

ルノーはヨーロッパ最大の自動車会社である

アウディは高価格のブランドとして、位置付けられており、大衆向けとされているフォルクスワーゲンとは違うイメージを持っています。
資金では、若年層にターゲットを絞っており、高級かつクールなイメージを打ち出しています。
ポルシェは。高級スポーツメーカーであり、911タイプは、改良を重ねながら、現在でも販売しています。 

イギリスにお話を移しましょう。
イギリスにはジャガーがあります。
現在では、イギリス王室御用達のメーカーです。
イギリスは、自動車メーカーやブランドが消滅していく中、現在でも奮闘している貴重なメーカーです。
アストンマーチンも有名です。
知名度が存在しているのは、映画007であり、007が愛乗しているのが、アストンマーチンです。

 

イタリアにおいては、フィアットがあります。
フィアットは、日本におけるトヨタのような存在で、フィアット500は、世界的なロングブランドとなっており、あのフェラーリや、マセラティ、アルファロメオ、ランチアと同じグループであります。

 

フランスにおいては、ルノーが挙げられます。
ルノーはヨーロッパ最大の自動車会社であり、日本と馴染みがあります。
日本の日産自動車がルノーの傘下企業なのです。

 

アメリカに視点を移せば、アメリカの自動車メーカーは、かつて、BIG3と呼称されるメーカーが有名でした。
ゼネラルモーターズ、フォード、クライスラー
です。
このBIG3は長期に渡り、アメリカの経済を支え、アメリカの豊かさの象徴だったのです。
しかし、アメリカの自動車産業が、市場における日本車の台頭により、萎縮され、勢いを削がれていったのです。
クライスラーにおいては、既にアメリカのものではなくなっているようです。

 

現在のアメリカ車は、昔のような大きいサイズではなく、コンパクトな車種が多いですし、燃費にも気を配っています。
日本では、キャディラックのようなデザイン、そして、あの大きなサイズに憧れているファンの方も多いですから、皮肉な話です。
外国車メーカーにも、栄衰があります。
古き良き時代の感覚から、抜け出せなかったメーカーもあれば、時代の変換と共に、経営戦略を変換させたメーカーもあります。
同じ道を進んでいれば、目的地は一緒だったのですが、どこかで、道を間違えてしまったメーカーもあったのです。

©2018 みんなの自動車教習所